診療設備について


デジタルレントゲン、CT

北海道ではまだ数台しか稼動していない最新のデジタルレントゲンとCTを完備しています。レントゲンフィルムより高感度のIPセンサーと高い画像再生により、従来のものと比べ被ばく線量が1/10と少ない線量でレントゲンが撮影可能になりました。またフィルムを現像しないので、撮影して直に見ることができます。
また、通常のレントゲン写真は時間の経過とともに色褪せてしまい、治療箇所を判別するのが難しくなっていきますが、デジタルレントゲンはデータとして保存されますのでそのようなことがありません。 画像も極めて細かい部分まで撮影できるので、より良い医療を提供いたします。

デジタルレントゲン、CT

マイクロスコープ(可搬型手術用顕微鏡)

最大で25倍まで患部を拡大することができます。ごく細かな部分まで鮮明に見ることができるので、とても小さなむし歯や、歯と歯ぐきの境目、歯の根の先の部分までより正確に確認することができます。
そのため、削る量を最小限に抑えることができたり、被せ物を作るための形作りが精密にできたり、神経の治療ではより正確に施術することができ、治療の精度が向上します。精度の高い治療ができるので、治療回数が少なくなり、患者様の負担も少なくなります。

マイクロスコープ(可搬型手術用顕微鏡)での拡大イメージマイクロスコープ(可搬型手術用顕微鏡)での拡大イメージ

口腔内カメラ

暗くて見えづらい奥歯まで高画質で撮影できます。
撮影した写真はユニットに付いている大きな画面でハッキリとご覧いただけますので、説明を受けながら、お口の状態をしっかりと確認する事が出来ます。
また過去の写真も呼び出して、治療の前後を比較してご覧いただくことができます。

口腔内カメラ

大型ディスプレイ

アップル社iMacのRetinaディスプレイを採用。画面の粒子がこまかいのでレントゲン写真は微細なところまで確認が可能です。また、再現出来る色域が広いので、口腔内カメラで撮影したものは目で見ているような鮮明な画像として、大型ディスプレイでご覧いただけます。
さらに自在に拡大することもできますので、特定の箇所をより詳しく確認することができます。

大型ディスプレイ

半個室

1番~4番の診療台の間にはロールカーテンのパーテーション、5・6番の診療台にはすりガラスのパーテーションが設置され半個室化されています。
隣の人と目が合って…なんて気まずいこともなくなり、リラックスして治療を受けられるようになりました。

ロールカーテン