ドクター・スタッフブログ

インプラント治療の後にMRIやCTの撮影は大丈夫?

2022年1月21日


こんにちは!

新札幌いった歯科の院長の西尾匡弘です

インプラント治療に関しての質問で多いものの一つに、インプラント治療後に頭部のMRIやCTなどを撮影しても大丈夫ですか?影響はありませんか?というものがあります。

現在、インプラント治療に使用されているインプラント(フィクスチャー)はチタンあるいはチタン合金のものが多いです。これらの素材で治療を受けた場合は、MRIなどの画像診断に影響を及ぼすことはありません。また、被せ物(アバットメンや上部構造)に関しても、最近のMRIではほとんど影響がないと言われています。しかし、磁石などを用いてインプラントと入れ歯(義歯)をくっつけて安定させたりするものに関しては、磁石の影響が出てしまう可能性があるので注意が必要になります。

CTに関しては、インプラントによる影ができてしまったりと、画像診断に影響されることもあります。

ですので、インプラント治療後にMRIやCTが撮影できないということはありませんが、検査の予定があれば、事前に確認してみると安心かと思います。

新札幌いった歯科では、治療前後の患者さんの不安を少しでも無くして行うインプラント治療を心掛けていますので、気になることなどがあれば、ぜひ相談してみてください!