ドクター・スタッフブログ

スポーツドリンクは歯を溶かす?!

2020年9月14日


こんにちは 歯科衛生士のあさのです。 
 
北海道は一気に寒くなりましたね。
先週までは30度を超える気温だったことが、信じられません。。。。
 
 
ところで皆さん、スポーツの秋です。
熱中できるスポーツはありますか?スポーツをしている時の水分補給はとても重要です。
日本スポーツ協会では、水分補給に0.1~0.2%の食塩(ナトリウム40~80mg/100ml )と糖質を含んだ飲料を推奨しています。
スポーツドリンクは手に入りやすく、運動時や熱中症対策で飲用している方も多いのではないでしょうか?しかしスポーツドリンクは虫歯になりやすい。ということを知った上で歯の健康にも考慮し飲んでいただきたいのです😃
歯の表面のエナメル質というのは、お口の中のpHが5.4を下回ると溶けてしまうと言われています。実は、スポーツドリンクのpHはレモンや炭酸飲料と匹敵する低さであり、pH3なのです。
さらにはスポーツドリンクに含まれている糖質は板チョコ一枚分だとも言われています。
場合によってはスポーツドリンクではなく、経口補水液で水分補給をしたり、うがいや歯磨きを頻繁にすることで歯の健康も守っていきましょう!!
■医院での感染防止対策について
歯科医師・スタッフの勤務開始前の健康チェックをはじめ、手洗い、アルコール消毒、うがいについてもいつも以上に徹底しております。また治療器具や診療台などは、新型コロナウイルスに限らず普段から感染症対策として滅菌や消毒を徹底しています。滅菌が可能なものについては全て滅菌機による滅菌を行い、ディスポーザブル(使い捨て)できるものは全てディスポーザブル(使い捨て)製品を使用しています。どうぞご安心ください。