ドクター・スタッフブログ

プラークとは?

2021年9月8日


こんにちは!新札幌いった歯科、歯科医師のはったです。
皆さま、今までに歯茎の検査を受けたことがあるでしょうか?検査項目のひとつに、プラークの付着状態の検査がありますよね。
「プラーク」とは一体何でしょうか。ただの食べ物の残りカス?
いいえ、違います。歯の表面に細菌が付着し繁殖したもので、プラーク1mgのなかには、およそ300種類1億個ものの細菌が存在しているのだそうです!
どんどん繁殖すると、白くねばねばとした塊として目に見えてきます。うがいでは取ることができません。しかも歯ブラシだけでは歯の間のプラークを落とせすことができないため、糸ようじで絡め取る必要があります。
この細菌、口臭や虫歯、歯周病の原因になるだけではなく、糖尿病、脳梗塞、動脈硬化、早産や低体重児出産とも大きく関係しているので、皆さましっかり落とすようにしましょう!