ドクター・スタッフブログ

歯医者さんのどんなところが苦手ですか?

2022年3月25日


みなさん、こんにちは。

新札幌いった歯科です。

 

早いもので、来週には新年度ですね。

ご入学される方、進級される方、新たに就職される方、4月は環境が大きく変わる季節です。

緊張などで疲れも出やすい時期ですので、健康に注意して楽しみたいですね!

 

さていきなりですが、「歯科医院で働いている」ということを

歯科で働いていない友人や知人に話すと、

「えっ?歯医者?こわーい」

「あの音が苦手」

「そういえば治療途中のままなんだよね…」などなどマイナスなことばかりで

残念ながら「歯医者?好き好き!」という声はほとんど聞こえてきません。

 

受付で初診の方の電話を受けると、

「緊張しています」

「歯医者さんが怖いです」

という声をよく伺います。

 

しかし、治療が必要な歯は放置しておくと悪化することはあっても、

自然に治ることはありません。

行きたくなくても行かなければ治らない…難しいですね。

 

苦手な方たちは、歯科医院のどのようなところが苦手でしょうか。

当院では、苦手な患者さんも少しでも来院しやすくなるよう、

様々な取り組みや工夫をしています。

 

 

■患者さんとのコミュニケーションを大事にしています

苦手なことを「知っていてくれる」というだけでも気持ちは楽になります。

「先生たちはいつも忙しそうだから…」「話しかけてもいいのかな…」と

患者さんから言われることがありますが、

どんな小さなことでも、気になることや不安なことなどありましたら、

歯科医師やスタッフに遠慮なくお話しください。

「ここがいつも磨きづらいから磨き方を教えてほしい」

「自分にはどんな歯ブラシがあっているのか知りたい」

などのご相談ももちろんOKです。

不安な気持ちを少しでもなくし、ストレスなく来院していただけるよう心がけています。

 

 

■麻酔について

注射が嫌。怖い。という方はお子さんに限らず、大人の方でも少なくないと思います。

麻酔注射をする前に、針を刺す部分にジェル状の表面麻酔剤を塗り、

針を刺した時の感覚を緩和させます。

極細の針で、ゆっくり麻酔液を注入する電動注射器を使用しています。

麻酔液を入れる時に圧力がかかると痛みを感じやすくなるのですが、

極細の針と電動注射器でゆっくりと一定のスピードで麻酔液を入れて、

圧力をかけないようにしています。

 

 

■歯医者さんのにおいが苦手

当院ではなるべく歯科独特のにおいがしないよう、

全て天然の芳香植物の花、葉、茎、種子、果皮などから抽出された

100%天然成分のエッセンシャルオイルを使用した

アロマディフューザーを待合室で使用しています。

歯科独特の薬品の消臭効果があります。

また、治療で使用する薬品の保管も工夫し、なるべく薬品臭がしないようにしています。

 

 

いかがでしょうか?

今回は私たちの取り組みについて一部ですがご紹介しました。

 

苦手なことは人それぞれですが、来院される皆さんに

安心して通っていただけるよう心がけていますので、

お口のことで気になることがありましたら、お気軽にご相談ください。