ドクター・スタッフブログ

歯医者の新型コロナウイルス対策どうなっているの??

2020年5月22日


みなさんこんにちは!歯科衛生士のあさのです。

新型コロナウイルスによる、日常生活の不便さにも少しずつ慣れてきました。

札幌は緊急事態宣言がまだ解除されませんが、みなさん生活に楽しみは見いだせているでしょうか?

【自粛生活】というとなんだか不自由さを感じてしまいますが、【自宅でゆっくり過ごせる時間】と考えればとても贅沢でいい時間だなと感じています。

さて、テレビのワイドショーでは歯科医院での新型コロナウイルス感染のリスクについて

取り上げられることも多いようです。

私たちの歯科医院では、どのような新型コロナウイルス対策を行なっているか、一部をご紹介します

と言っても、実は新型コロナウイルスが流行する前から私たちの歯科医院では「感染予防」をしっかり行なっています!!

院内の感染対策には特に気をつけておりADA(アメリカ歯科医師会)に基づいた消毒・滅菌を行っています。診療に従事するスタッフは全員、感染対策についての勉強をしています

また、治療に使用している器具は、滅菌専門業者と契約し、徹底管理した洗浄・滅菌した物を使用。院内で消毒・滅菌を行う場合は、滅菌が可能なものについては全て滅菌機による滅菌を行い、ディスポーザブル(使い捨て)できるものは全てディスポーザブル(使い捨て)製品を使用しています。勿論、これらは患者様ごと新しいものを準備して使用しています。

さらに、今回の新型コロナウイルス流行により従業員全員の手洗い・うがいはもちろんのこと

検温や感染予防のための防護徹底。

院内の定期消毒、来院された患者様への検温や問診票の記入のお願いなど、みなさんが安心して歯科治療を受けられるよう、やれることを最大限に行なっています。

 

 こちらは分院の厚別ウエスト歯科の受付です

不要不急の外出は控えなければいけないですが、お口の状況によっては自己判断で治療を中断したり歯科検診を後回しにしてしまうことで、様々な悪影響が出てしまうことがあります。

ぜひ、通院してもいいのか、治療を先送りにしたほうがいいのかは、かかりつけの歯科医院に相談してくださいね。