ドクター・スタッフブログ

治療の進み方

2019年4月14日


こんにちは😃

新札幌いった歯科、歯科医師の田中です。
 
みなさんは歯医者さんに初めて(または久しぶりに)かかる時はどんな時ですか?
歯がしみる時、痛い時、詰め物や被せ物が取れた時、歯茎がしみたり腫れたりした時、顎が痛い時…等々あると思います。
私達は患者さんの治療して欲しいところを聞いて、原因を判断した上で治療を行います。
 
治療を進める中で、治療して欲しいところの治療より前に歯茎の検査や歯石とりをすることがあります。
それはなぜかと言うと、例えば詰め物や被せ物を新しく入れることになった場合、その歯の虫歯が無くなったとしても問題ない状態だとは言えないからです。
歯石等の汚れが残っていると歯茎が炎症を起こして腫れて血が出やすくなっています。そうなると、被せ物を入れる時に接着剤に血が混ざってしまい接着力が弱ってしまうことがあります。
 
もちろん、お話を聞いた上で、歯茎の検査が後になる事もあります!
ただ、どうして治して欲しいところを治療する前に検査やクリーニングをするんだろう?と疑問に思っていた方もいらっしゃると思います!その疑問が少しでも解決できたら幸いです🙌
 
 
ご自身のお口のことや治療の内容に関して、わからないことや疑問に思ったこと、気になること等ございましたらお気軽にお声がけください😄🦷