ドクター・スタッフブログ

誤嚥について

2021年9月10日


お早うございます。訪問診療部の新田です。人は鼻と口から空気を吸い、更に口からは食べ物や飲み物を摂取しますが、この時空気や飲食物は、喉を通り食道と気管に分かれて体内に入ります。人の身体は上手にできていて、筋肉を上手にコントロールして食道には飲食物だけが、気管には空気だけが入る様になっています。ところが気管の蓋が閉じるタイミングが合わなかったり開いてしまうと、食べ物飲み物または煙など異物が気管に入り込んでしまうことがあり、気管に入るとそれを排除しようとして咳が生じます。この状態を誤嚥といいます。異物が肺まで到達すると誤嚥性肺炎を発症しやすくなってしまいますので注意して摂取しましょう。