ドクター・スタッフブログ

食事でムセやすい気がする・・・

2020年10月10日


お早うございます。訪問診療部の新田です。皆さん食事の時に良くムセしまう方は食前に準備運動(パタカラ体操)を行いましょう。「パ」の発音は唇を閉める筋力を鍛え、食べ物を口からこぼさないようにします。「タ」舌を上あごにしっかりとくっつけることで発音します。舌が上あごについていないと食べ物を押しつぶしたりゴックンと飲み込んだりすることができないためです。「タ」の発音は上あごから下あごへ舌を打ちつけるので舌の筋肉のトレーニングになります。「カ」の発音は喉の奥に力を入れるので、誤嚥せずに食べ物を食道に送り込む力を付けます。「ラ」の発音は舌を丸めて舌先を前歯の裏に付けるので、食べ物を喉の奥へと運ぶための舌の力を付けます。パタカラ体操は、嚥下体操や唾液腺マッサージのようにお食事の前に行うのが効果的だと言われています。パタカラと発声することで、 摂食嚥下に関係する口の周りの筋肉を刺激し、咀嚼力・嚥下力が向上すると言われています。