ドクター・スタッフブログ

8020運動とは?

2021年12月3日


                           みなさん。こんにちは。

  1. 新札幌いった歯科の歯科衛生士葛西です。
  2. 寒い日が続いていますが、風邪引かないように防寒して下さい!
 ☆8020運動についてです。

「8020運動」という言葉は、どなたも聞いたことがあると思いま す。これは、1989年、厚生省と日本歯科医師会が推奨している「80歳になっても20本以上自分の歯を保持する」という運動の呼び名です。少なくとも20本以上の歯があれば、食生活にほぼ満足することができると言われていま す。高齢化が進むなかで、生涯を通した健康で文化的生活の実現を目指す取り組みです。1987年の調査では、80歳以上で20本以上の歯を持つ人は7%、80歳の平均現在歯数はわずか4本でした。

各方面のさまざまな活動によって、2016年の調査では「8020」達成率が51.2%に増加しました。今では、80歳の2人に1人以上が、20本以上の歯を守っていま す。2000年には「21世紀における国民健康づくり運動(健康日本21)」がスタート、3年後にはその運動の法的基盤となる「健康増進法」を施行。そのなかには「歯の健康の保持」も明記されていま す。2009年には「噛ミング30」を提唱。ひと口30回以上かむことを目標にしたキャッチフレーズで、健全な心身や豊かな人間性を育むことや「8020」の達成につながっていま す。

1人でも多くの患者様に歯を残していけるようにお口のサポートをしっかり行わせて頂きま す!

ご遠慮なく質問して下さい!