診療内容


歯科(むし歯・歯周病治療)

患者様お一人おひとりに、治療についての詳しいご説明を行ない、安心して治療に専念していただけるよう心掛けています。むし歯の治療や歯周病の治療など、歯科医院に通院した際に受ける治療の大半を一般歯科といいます。
歯周病とは歯を支えている骨(歯槽骨)が溶けてしまう病気です。歯肉に炎症がおきた状態を歯肉炎、歯槽骨などを支えている組織全体が崩れてしまう病気を歯周炎といいます。また、初期の歯周病はほとんど自覚症状がないため、気付かない間に悪化させてしまうことがよくあります。
初期のむし歯や歯周病を発見するためにも定期的な検診が大切です。

痛くない麻酔

注射が嫌。怖い。という方は子どもに限らず、大人の方でも少なくないと思います。
麻酔注射をする前には、針を刺す部分にジェル状の表面麻酔剤を使って針を刺した時の痛みを感じなくなるように表面を麻酔します。

表面麻酔剤

電動注射器(カートリエース)

極細の針で、ゆっくり注入する最新型の電動注射器を使って、痛みが少ない麻酔注射をおこなっています。表面麻酔後の麻酔注射となりますので、痛みはほとんどなくなります。

電動注射器(カートリエース)

歯科口腔外科

歯科口腔外科では一般歯科では処置の難しい、親知らずが顎の骨に埋まった埋伏歯の抜歯、歯根嚢胞、外傷、炎症などの外科治療を行います。当医院では、基本的には口腔外科担当の歯科医師が治療を行いますが、状況によっては北海道大学病院、北海道医療大学病院の口腔外科とも協力して治療を進めていきます。患者様がリラックスできる治療環境を整え、常に信頼と安心の治療を心がけています。

歯科治療が苦手な方はご相談ください(静脈内鎮静法について)

「手術」と聞いただけで血圧が上がってしまう方や強い恐怖心がある方は、ご相談ください。
当院では主にインプラント等の外科手術の際、「静脈内鎮静」を取り入れております。

  • ※静脈内鎮静法は自費診療になります。
  • ●「静脈内鎮静法」とは 歯科手術や歯科治療に対する恐怖心や不安・緊張感を最小限に抑制し、快適かつ安全に処置をするために、歯科麻酔科医の管理下で安全性の高い抗不安薬や麻酔薬を静脈から注射してスラックス、もしくはウトウトした状態で手術を行う方法です。
    全身麻酔と異なり、意識があります。唾も飲み込むことができます。痛みを取る作用はないので、局所麻酔は併用します。

メリット

  1. ・治療や手術時の不安やストレスが軽減される。
  2. ・不安や緊張が緩和されるので、血圧・脈拍・呼吸などが安定した状態で手術を受けることができる。
  3. ・ウトウトしている間に手術が終わるので手術時間が短く感じる。

デメリット

  1. ・眠気やふらつきが取れるまで様子を診るので、手術後すぐに帰宅できない。
  2. ・付き添いの方が必要。
  3. ・合併症が出る場合がある。
  4. ・点滴のラインをとる(針を血管に刺す)必要がある。
  5. ・歯科麻酔科医の出勤日に手術を行いますので、日程調整をする必要があります。
  • ●費用:90,000円(税抜)
静脈内鎮静法イメージ

小児歯科

子どもの乳歯は、食べ物を噛む以外にも「永久歯が正しい位置に生えるように導く」、「成長期に顔の形を整える」、「発音を助ける」など、とても大切な役割を担っています。ですから、子供時代の歯を疎かにすると、永久歯に重大な影響を与えることになりかねません。幼少期からの治療により、不正咬合のリスクを大きく軽減させることもできます。当医院では、お子様とお母様両方に治療室に入っていただき、お母様との協同でお子様の治療に当たります。キッズルームを設置しているため、「お子様はキッズルームで遊び、お母様は歯の治療」ということも可能です。

マタニティ歯科

妊娠・出産を機に女性の心、身体は大きく変化します。 それに伴って心配なこと、不安なことも増えてくると思います。
当院では妊婦さん・授乳中のお母さまでも 安心・安全に治療を受けられるように【院内マタニティ歯科ガイドライン】に基づいた診療をおこなっております。
生まれてくる赤ちゃんの“マイナス1歳からの口腔ケア”も一緒に考えていきましよう。

矯正歯科

見た目をキレイにすることはもちろん、歯並びが整うことで発音障害の改善にもつながります。矯正によって歯みがきがしやすくなり、むし歯を防いだり、歯の寿命を延ばすことにもつながります。さらに咬み合わせが改善されれば歯周病になりにくく、口臭や胃腸病の原因予防にもなります。歯並びや噛み合わせ、矯正についてのお悩みなどがある方は、どうぞお気軽にご相談ください。

※本院で行う矯正治療は保険外診療になります。

審美治療

すてきな笑顔と白く輝く美しい歯── 病気を治すだけではなく、さらに美しい歯や歯並びを作るために行うのが審美治療です。歯を白くするホワイトニングやPMTC、生体への親和性に優れた美しいセラミックスの歯、付け爪のようにセラミックの薄い歯を装着するポーセレン・ラミネート・ベニアクラウンなど、当医院では様々な手法を用いて患者さまの美しい笑顔をプロデュースします。

訪問歯科診療(施設・在宅どちらも承ります)

お身体が不自由であったり、寝たきりなどで通院が困難な方は、訪問診療を受診することができます。 私どもは、『分かりやすい説明と痛みが少なく丁寧な診療』を心がけて診療させて頂きます。施設に入居されている方や通院が困難な方で歯科医院をお探しの方が周りにいらっしゃいましたら、新札幌いった歯科の訪問診療スタッフや歯科医師にお声掛け頂くか、詳細ページの申込の流れをご参考にお気軽にご連絡、お問い合わせ下さい。

スポーツ歯科

スポーツ歯科とは、スポーツ外傷の予防とパフォーマンス向上を目指す歯科医療分野です。
スポーツシーンにおける「顎口腔領域の外傷予防」、「歯の保護」、「相乗効果」を目的にスポーツ選手への啓蒙活動を積極的に行い、正しい知識をもってマウスガードを広く一般の方にも使用していただけるよう活動に取組んでおります。

インプラント治療

インプラントとは、歯を失ってしまったところに人工歯根となる金属を埋め込み、その金属を土台にして、天然の歯と同じような人工の歯を取り付ける治療方法です。埋め込む金属に生体との親和性が高いチタンが使われる事が多く、チタンは長年の臨床研究でインプラントの素材として最も安全であり、また顎の骨としっかり結合することが確認されています。天然歯のような審美性を回復するだけでなく、しっかりた土台の上に歯を入れるので、これまでの入れ歯やブリッジでは満足することが難しかった「食べる・話す」という機能も回復できます。

症例により、周りの歯を傷つけず、残った歯へ負担をかけずに単独で歯を再形成することができるので、自分の歯を多く残せます。 また噛む刺激が顎に伝わる事により、顎の骨がやせるのを防げる効果もあります。衛生面や審美性の面からも、食べ物のカスが挟まったり、留め金が見えるといったこともないので自分の歯と同じようにきれいで美しい状態を保てます。

※インプラント治療は保険外診療になります。